2013.06.05

香川真司「世界で勝ちたいから、そのために自分がやるしかない」

香川真司
W杯出場に会心の笑顔を見せる香川真司 [写真]=兼子愼一郎

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループ Bで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 会見後の取材で、MF香川真司は以下のようにコメントした。

―個の話が多く出ているが?
「僕ら攻撃の選手は得点やシュートまで持っていく力を、1人でもコンビネーションでも、そこの精度や強さは求めないと。何だったら2列目とFW全員が、それぐらいの能力を持っておかないと、研究されたら2、3人だけでは厳しい。3、4人絡んだりしないと上で勝つには厳しいかなと感じる。上に行けば行くほど厳しい戦いになる中で、現状はアジアで昨日も1点しか取れなかったということは物足りないと思う。そういう意識を持たないと厳しい」

―自分自身だけでなく、周りも同じレベルでいないと厳しい?
「もちろん僕もそうですし、周りも上がらないと。全てのポジションでもっと上げないと、世界で勝つには厳しいと思う」

―自分自身の個の質は上がっているのでは?
「そうですね。ただ、チームにも強烈な個性を持った選手がいて。僕もその中で彼らと同等ぐらいな意識をマンチェスター・ユナイテッドでも持っていないといけないし、2年目はそういうところ、チームの中でいかに自分を表現できて、主力としてやれるかということは代表にも繋がる。今年は周りがすごいから、その中でやっていれば楽にプレーができる。ドルトムントでもそうだった。代表に来て改めて感じることは、自分がやらないといけなくなった時、期待された時にまだまだ結果を残せていない。そういう責任感やメンタル的な事は今後必要になってくるのかなと思う。そういうことも意識しながら、ワールドカップまで準備しないといけないかなと思う」

―リーダーシップはより強く持たないといけない?
「勝ちたいですから、世界で。そのためにどうすればいいかは、自分がやるしかない。そういう選手が増えることがチームにプラスになると思っている」

―チームの成長はどうか?
「それはコンフェデレーションズカップで分かるのかなと思う。決して今のチーム状況がいいとは思わないし、ブルガリアであったりオーストラリアに勝ちきれていないから。その中でコンフェデを迎えるということは、チームとしてもどう戦い、修正を見せるのかが大事になってくると思う。そういうところの成長も見られると思う。チーム、個人としても世界相手にどこまでできるか。去年、0-4で負けたブラジル相手に彼らのホームでどこまでできるかは、すごい楽しみだし、試される試合になると思う」

―伸びしろは感じているか?
「もっと強い向上心であったり、強い意志や信念を選手の一人ひとりが持たないと。この1年で個人を見たら、海外でやっている選手が成長したところはあるけど、代表として集まった時に、自分も含めてまだまだ個性が足りない。日本代表の良さでもあるチームワークは大事だけれど、それだけでは勝てないし、それだけを重視してもダメだと思う。ある意味そういう個性が現れてこないといけないのかなと」

―具体的な個性とは?
「プレーヤーとしてもそうですけど、人としての個性というか、今はどうしても日本代表の一人ひとりがチームワークを大事にして、チームのためにとか、すごくそういうカッコいい言い方ですけど、そういう考えを持った選手が多いのも確かですし、それが日本代表の特徴でもあるけど。もっともっとそういう中で『自分が』とかね、『俺がやるんだ』とか、そういう強い気持ちを持った選手であったりというのが増えていく必要があるのかなと思うし、実質それが今は(本田)圭佑君なのかなと思っている。それがいなくなった時、僕らは実際勝てていないのが現状だから、そういう意味では個性であったり強さであったりというものを、もっと持っていかないといけないと思う。インパクトのある選手が、それが新しい選手もそうだし、そういう刺激が今の代表でも必要だと思う。コンフェデはとりあえずこのメンバーで行くと思うし、このメンバーで現状どこまで行けるか楽しみですけど、ワールドカップまでにはそういう力というのが、絶対に必要になってくると思う」

―本田君依存を脱しないといけないと考えているか?
「みんなもどこかでそういう気持ちを持っているし、もっとみんなが一人ひとり自立しないといけないのかなと思う。やっぱり、自分達自身のためのワールドカップでもあるということは頭にあると思う。そのために勝ちたいし、世界で活躍したい。自分のためのワールドカップでもあるので後悔したくないし、やらないといけない立場にあると思っている」

―オーストラリア戦では自由にプレーできたのではないか?
「そういう感覚はありますけど、もちろんそれは相手がオーストラリアでホームですし。それをコンフェデでどこまでできるか、チャレンジできるか。それはすごく楽しみにしている。コンフェデは僕にとって、今の自分の立場を測れる素晴らしい機会だと思うし、自分のプレーを出せるか楽しみにしている」

―代表チームの国際経験の経験値が足りなく感じているか?
「そうですね、実際アウェーで勝てていないですから、アウェーで戦う経験値は確かに少ない。それを今回コンフェデやイラク戦で、数少ないゲームの中でいかにこだわってやれるかを、強い気持ちを持って集中していきたい」

―個性がチーム内で芽生えるには、海外の経験が必要か?
「そんなことないですけどね。一人ひとりが、出していくべきでないかなと思う。どうしても気を使ってプレーすることが多いので、もっと『自分はこうだ』というものを、『俺を使え』とか、そういう表現が必要になってくると思うので、そういう強い気持ちや強い個性が必要になってくると思う」

―強いチームはそういう風に意見をぶつけあっているのか?
「意見もそうですけど、マンチェスターでもやっぱりみんなが『自分、自分』ですし、そこで結果を残している。だから、そういうところは勉強になる。周りに合わせるとかないし、本当に個性が強い選手ばっかりだから。『自分にボールを寄越せ』と。そういうところでやっているから、そういう意識を感じる。代表は『最後で誰が勝負すんねん』とか。そういう強い気持ちはまだまだ足りないかなと思う。『自分がやるんだ』という強い気持ちを持ってやりたい」

―『自分が自分が』という中でも、高いレベルの選手が共鳴する瞬間は感じたか?
「その中でも、お互い尊重してプレーができているのかなと。(ウェイン)ルーニーとか(ロビン)ファン・ペルシーとかもそうだし、自分の良さを出しながら仲間を活かせる術を知っている」

―得点力はどうやって引き上げられるか?
「マンチェスター・ユナイテッドで自分が主力でチームを引っ張るくらいの活躍ができれば、そういうところも自然と責任感であったり、強さが出てくると思う」

―まだ1年なのか、もう1年なのか?
「もう1年ですね。ポジティブに捉えればまだ1年あると思うけど。もう2年前3年前に、4年後かと思っていたことが、来年だから本当にあっという間だし、すぐだなと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る