2013.06.05

日本代表MF香川真司「W杯で輝くためにはまだまだ物足りない」

記者会見でワールドカップへの意気込みを語った香川真司 

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループ Bで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 MF香川真司は会見で、以下のようにコメントした。

「岡田(武史)監督のときはスタンドから見ていて、あの時の自分は本当に自信がなくて、ただ代表にいる感じがずっとしていた。ただ、今回主力として予選を戦ってワールドカップを決められたという喜びは素直にある。ワールドカップを決めたと同時に、その舞台で今度はどう輝くのかという意味では、個人としてもチームとしてもまだまだ物足りない。そこで活躍するために4年間悔しい思いをして、これまで頑張ってきた」

「ただ、現状は厳しいことは感じているし、もっともっとレベルアップしていかないと、ブラジルでは厳しいのかなと思っている。そういう危機感を常に持ちながら、コンフェデレーションズカップもありますし、来年のワールドカップまで自分を磨いてもっともっと強くなって、そして夢の舞台で活躍できるように頑張りたいなと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る