2013.06.05

DF長友佑都「今の自分のレベルではチームのためにはなれない」

会見でコメントした長友佑都 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループ Bで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 DF長友佑都は会見で、以下のようにコメントした。

「岡田ジャパンのときは、正直心の底から喜べた自分がいたが、祝福ムードの中で言うのは場違いかもしれないが、僕の中でワールドカップ出場を決めて嬉しい気持ちと言うよりもこれから厳しい戦いが始まるという危機感の方が正直言って強かった」

「この気持ちを感じている大きな要因は、自分の低レベルさに関してそういう風に感じている。ただ、ネガティブに捉えてはいなくて、これからこの1年で、自分がもちろんチームとしてもどれだけ成長できるかというところは、本当に楽しみで仕方がない」

「僕は今までチームのためにということを常に言ってきたが、正直今の自分のレベルではチームのためにはなれないなと。だからこの1年、とにかく自分のために走り続けたいなということを思っていて、そしてまた1年後に大きく成長した自分でチームのためになりたいなという風に強く思っている」

「ただ、こうやってワールドカップ出場が決まったということで、昨日も言ったが、裏で僕らの練習着やユニフォームを洗ってくださる人やマッサージをしてくださる人、昨日みたいな大舞台を僕達に用意してくださった人達、応援してくださった人達、そういう人のお陰で僕らは今いる。感謝の気持ちを持ってこれからも成長していきたいと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る