2013.06.05

日本代表GK川島永嗣「日本で喜びを共有できたことは嬉しかった」

会見でコメントする川島永嗣 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループ Bで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 GK川島永嗣は会見で、以下のようにコメントした。

「前回のワールドカップが決まった時はスタンドの上からピッチを眺めていましたし、今回は違った心境でワールドカップ出場を決められましたが、長い間代表でやらせてもらって、自分の中で日本代表に対する誇りとか、日本のためにプレーしたいという気持ちは自分がスタンドから代表の試合を見ていても、自分がピッチに立っていても変わりない」

「そういった意味では、嬉しさには変わりはない。ただ、日本のみなさんとああいう形で喜びを共有できたということは、非常に嬉しく素晴らしかったことだと思う。この先のワールドカップで日本のみなさんとともに、新たに夢を見られるように、自分自身がもう1度やっていきたいという気持ちです」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る