2013.06.05

W杯出場に主将の長谷部誠「成長度をどんどん上げて行きたい」

W杯決定から一夜明け、記者会見に臨んだ長谷部 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 日本代表主将の長谷部誠は、以下のようにコメントしている。

「一夜明けて、正直な気持ちはホッとしています。3次予選から2年以上戦って、その結果なので素直に嬉しいです。ただ、選手自身が一番感じていることは、やはり世界で勝つためには、自分達がもっともっと成長しなければいけない。それは選手が一番痛感している。これから1年、ワールドカップに向けて成長度をどんどん上げて行きたいと思います」

「今回の予選に出ている選手だけでなく、このチームが持っているものはチームワークだと思っている。出ていない選手、そしてここにいないが予選を一緒に戦った選手達、チームで言えば、監督やコーチ、代表スタッフ、全ての人が1つになって戦えることが自分達の強みだと改めて予選を戦って感じました。サポーターの力は一番ありがたく、そして素晴らしいことだと、実感することができました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る