2013.06.05

W杯本大会に向け、大仁会長「結果残すため、Jリーグの活性化を」

国内の競争力強化を改めて掲げた大仁会長(右2番目) [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 大仁会長は、以下のようにコメントしている。

「本当に厚い声援を送ってくれたサポーターやファンのみなさま。ご支援いただいているスポンサーの皆さま、メディアの皆さまに厚く御礼を申し上げます。何より長く厳しい戦いを戦い抜いたザッケローニ監督をはじめ、選手のみなさん、コーチのみなさん、スタッフの皆さんに心から感謝を申し上げるとともに敬意を表したい」

「今回の出場決定はあくまでも通過点で、我々の最大の目標は来年の本大会で、結果を残すことだと思っている。そのために、これからしっかりと準備してレベルを上げていく。レベルを上げるには、海外のチームでプレーする選手が増えると思うが、日本のJリーグがさらにレベルアップして活性化していくこと不可欠だと思っている。これからも皆さんには注目していただきたい」

「最後になるが、東日本大震災で被災された方々にも、今回の出場決定を喜んで頂けたのではないか。それは大変良かったと思います」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る