2013.06.05

日本代表GK川島永嗣「自分たちらしさが出せたのかなと思う」

川島永嗣
好セーブでチームを救った川島永嗣 [写真]=兼子愼一郎

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 日本代表GK川島永嗣は試合後、ドローについて、以下のようにコメントした。

「この試合に臨むにあたって日本全体の気持ちを感じたし、ピッチに立つ自分自身を含めて全く違います。自分たちが目指しているところを見せるという意味では、まだまだやらなければいけないところはあるし。ちょっとしたことが結果を変えるし、そこをまたこれから意識してやっていければと思います」

「やっぱりプレッシャーも違いますし、求められるものも違いますし、自分自身としても落ち着いて今日の試合に臨めましたし、勝ちを求められていましたし、結果にこだわって今日みたいな試合をしましたね」

―ブルガリア戦からの変化は?
「選手が入ったからというよりは、自分たちの意識が前に前に行きすぎてボールを失ってカウンターを受けたり、そこは話をしましたし、後半はそういうことを修正できたと。ゴールに向かってという意味ではいい形が出ていたしチャンスも作れていたし、自分たちらしさが出せたのかなと思いました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る