2013.06.05

日本代表DF長友佑都「失点後、誰一人動揺せず前を向けた」

長友佑都
相手を振り切り一気に駆け上がる長友佑都 [写真]=兼子愼一郎

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 日本代表DF長友佑都は試合後、ドローについて、以下のようにコメントした。

―最も強調していた気持ちが入った試合をしたのでは?
「チームも最初から本当に気持ちが入っていたし、均衡した試合が続いてなかなか点が入らなかったので。ただ後半の失点は相手も狙っていなかったとは思うんですけど、そういう点がかなり響いたなと。そこでチームが成長したなと思うのは、誰一人として動揺することなく、前を向けたということで、最後に引き分けに持って行けたんじゃないかと思いますね」

―あの時間帯は長友君が上がってシュートにいったすぐ後の失点だったが?
「僕自身も3枚になって中盤に入ったので、変わったので」

―3枚?
「そうですね。僕は前に上がったので、それで積極的に行こうと思ったし、ちょっとあそこで決められなかったのは残念ですけど、決定力が足りないなと正直思っていますけど」

―1点を取りに行って(本田)圭佑君がPKを決めたが?
「圭佑ならやるなと、決めるなと思っていたので、何の心配もなく僕は。ただ一応、止められた時のために詰めだけはしっかりと、と思っていましたけど。信頼はしていたんですけどね」

―そこで決めきれるメンタル面がすごいと?
「だって蹴ったのが真ん中ですからね。彼のメンタルを物語っているかなというのはありますね」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る