2013.06.05

日本代表主将の長谷部誠「予選を戦った結果なので素直に喜びたい」

長谷部誠
勝利が決まった直後、長谷部誠が喜びを爆発させた [写真]=兼子愼一郎

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 日本代表MF長谷部誠は試合後、ドローについて、以下のようにコメントした。

―ずっと厳しいと言い続けてきてようやく突破だが?
「今日決まったことはこの2年以上、予選を戦ってきた結果なので素直に喜びたいと思いますし、今日のゲーム内容もそうだし、選手自身がまだまだ成長しなければいけないということを感じているところなので、今日は喜んでまたイラク戦、コンフェデレーションズカップあるので、そこにまた切り替えてやっていきたいと思います」

―試合前のプランは?
「オーストラリアの戦い方を見ていても勝ち点を取りたいという戦い方をしていたし、サイドハーフがボールを持っていてもセンターFWにロングボールを上げるようなパワープレー、(ティム)ケーヒルを生かすようなサッカーをしてきていましたし、守備の部分では自分たちもとにかくボランチもそうだし、サイドバックの絞りもそうだし、そういうところを重点的にずっとやってきていたので、それで2回やられた場面はありましたけど、失点はお互い事故のようなものなので、今日のゲーム内容では引き分けは妥当な結果かなと思いますけど」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る