2013.06.05

日本代表DF内田篤人「見ていて面白いゲームだったと思う」

内田篤人
試合を振り返った内田 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 日本代表のDF内田篤人は試合後、ドローについて、以下のようにコメントした。

―突破が決まったが?
「勝ちたかったんですけど、とりあえず決められてよかったと思います。チャンスがあったので、なるべく早く点が取れれば楽と言うか、失点してもいい形になるので、優位には進めるはずだったんですけど」

―相手の守りはかなりブロックがタイトだった?
「向こうも必死にやってきたし、こっちもゴール前はセンターバック中心に体を張れていたので、僕も何回かブロックに入りましたし、中盤の支配もありましたし、ゴール前での攻防もありましたし、見ていて面白いゲームだったのかなと思います」

―後半に日本の時間が続いて得点できず、相手も勝負に出てきたが?
「そうですね。ああいうゴールが入ってしまうのが最終予選なので。そんなに対峙した選手にやられたとは思っていないですけど、そういうところも入ってしまうので、最後追いつけてよかったと思いますけど」

―滑り込んだ時には内田君の足に当たったのかな?
「いや、当たりました? 当たっていないと思いますよ。クロスのコースは切っていたんですけど、ああいうアクシデント的なゴールは入ってしまうものですね。練習でもなかなか入らないような形ですけど」

―栗原(勇蔵)君が入った時間のポジショニングが難しかったか?
「人数が足りていた分、行くか行かないかというのは、という感じでしたけど。なんなら逆に1対1の方がよかったかなという感じでしたけど。まあ、今日はいいんじゃないですか」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る