2013.06.05

日本代表DF栗原勇蔵「W杯出場決定の場に立ててうれしかった」

5大会連続5回目のワールドカップ出場を決めた日本代表 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 日本代表のDF栗原勇蔵は試合後、ドローについて、以下のようにコメントした。

「(自分が入った時は)最初から4バックだった。監督からは特に指示はなかったけど、どう考えても守備固めだったと思う。セットプレーと守備の高さを求められたと思う。(自分も)そういう感じで入った」

「ああいう感じ(の失点)になってびっくりしたし、自分が入った意味がなくなってしまったけどしょうがないと切り替えた。結果的には追い付けたから良かったけど。本当は0-0で終われたら良かった。(ワールドカップ出場が決まった瞬間に)あの場に立っていられてうれしかった。とりあえず一段落という感じ」

「(ああいう場面での投入は監督からの信頼では?)信頼は感じているけど、それなりの仕事、(ゼロで)クローズすることはできなかったけれど、みんな切り替えて1点取れたから見ている人たちは0-0より盛り上がって終われたから、自分的にはしっかり反省して次につなげられればと思う。でも(ワールドカップ出場を決められたことは)うれしかったし、こういう経験はなかなかできないからね」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る