2013.06.04

オーストラリアのオジェック監督「日本からの勝ち点奪取は大きい」

オジェック
オーストラリア代表を率いるオジェック監督 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。1-1の引き分けに終わった。

 試合後、オーストラリア代表のホルガー・オジェック監督は、ドローを以下のように振り返った。

「ブラジル行きを決めた日本代表の皆さんに、おめでとうと言いたい。同時に、自分のチームの選手たちにもおめでとうと言いたい。我々はとてもよい試合をした。まず、規律の取れた技術的な試合ができた。我々は極めて良い試合をした。戦術的にもまとまって守り、スピードのあるカウンターアタックができた」

「ただし、このような大事な試合で、もう少しで勝てるというところで失点すると本当にがっかりする。しかし、私は選手に『しっかり胸を張れ』、『自分たちを疑う気持ちを持たずに自信を持ってオーストラリアに帰ろう』、『ホームの2試合に備えよう』と伝えた」

「(今日の試合での勝ち点1の意味は?)どんな時でも勝ち点を積み重ねることは重要。特にアウェーでは大切だし、日本のようなチームを相手に勝ち点を取ったことは大きなこと。ただ、この段階では、今の順位表というより、ホームでの2試合に勝つ、そのことに集中することが大切になる」

「(PK以外は計画的な内容で進められたか?)90分間を通じて日本をコントロールすることはできない。日本は質の高いチームだ。ただし、規律の取れたゲームを行い、抑えることができた」

「結果は残念だが、チャンスを作ったし、パフォーマンスには満足している。自信をつけることができる試合だった。メンタル的にも強くなった。ホームでヨルダン戦、イラク戦に立ち向かうことが必要になる」

「(前半より後半のほうが、手数が少なかったように感じたが?)戦術的な理由。日本は後半のほうが、ポゼッションが高かったので、抑える必要があった。スペースがなければ当然、カウンターアタックもできない」

「(日本のチームについて新しい発見は?)日本のチームについてはよく知っている。選手についてもよく知っている。彼らの質の高さを知っている。彼らのようなチームを100パーセント止めることはできない。しかし、頑張って良い結果を生んだ。やるだけのことをやって、この結果になった」

「(GKのマーク)シュワルツァーには満足している。彼は今なおオーストラリアでナンバーワンのGKだし、今日もその力を十分に証明した」

「(本田圭佑の印象は?)本田選手は一人の選手として、ピッチに立つだけで違いを生むことができる選手だ」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る