2013.06.04

オーストラリアのオジェック監督「チームに自信を持っている」

オジェック
会見で笑みを浮かべるオジェック監督 [写真]=足立雅史

 オーストラリア代表は3日、ブラジル・ワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選の日本代表戦に向けた前日練習を、埼玉スタジアムで行った。

 練習後、オーストラリア代表のホルガー・オジェック監督が前日会見に臨み、以下のようにコメントした。

「日本戦は、ワールドカップ予選における最後の連戦の1試合目となる。日本は今のところ、ワールドカップ予選でかなり順調なので、試合は興味深く集中したものになると思う。我々にとってはいい結果を出すことが大事。その結果をもって、最後のホームで行われる2試合に立ち向かう必要がある」

―家に帰ってきた気分か? そういう気持ちは結果に影響するか?
「確かにみなさんとは過去に何度も、このように話したことがあるし、同じような場面も何度もあった。しかし、日本戦は今までとは全く違う状況。率いるチームが完全に違い、目標も全く違う。懐かしいというような感情は、完全に置いて試合に集中する必要がある。だから、過去より今に集中する必要がある」

―日本で指揮した経験はプラスになるのか?
「選手での経験、監督の経験というものは、内容が違う。監督としては経験を生かしてチームに指示を与える。結局は、監督がどのような指示を与えても、それを自分達のものにして、ピッチの上で生かして実現することは選手になる。最終的には選手次第になる」

―オーストラリアの強みは?
「監督としては、チームに大きな可能性を感じている。経験豊かな選手と、国際経験を積んでどんどん上達している若い選手が上手くミックスされている。非常に質の高いプレーをしてチームに自信を持っている。テクニカルなサッカーをする。その中でもバランスが取れている

―1週間前から日本に入っていたが、理由と手応えは?
「日本の状況になれることが重要だった。環境になれることが1つの理由。2つ目は、チームとしてまとまり、いつもより2日ほど長い時間一緒に練習する機会を得ることが重要だと思った。通常は2、3日の練習だがそれプラス2日ほど、長く練習ができた。選手達が一緒にトレーニングできたから、非常に効率的に活用できたと思う」

―『オーストラリアはテクニカルなサッカーをする』と言っていたが、日本の新聞の見出しでは、『オーストラリアのロングボールに注意しろ』と書かれていた。これは、リスペクトに欠けるのではないか?
「本当にちゃんと翻訳されたのかなと思うが、母の教えとして『新聞に書かれていることはなんでも信じなさい』と育てられたので、本当なのではないか」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
43pt
Jリーグ順位をもっと見る