2013.06.04

合流直後の酒井高徳「気持ちの部分がすごく大きく左右する」

酒井高徳
3日にチームに合流した酒井高徳 [写真]=足立雅史

 日本代表は3日、ブラジル・ワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けた練習を、埼玉県内で行った。

 練習後、日本代表DF酒井高徳は、以下のようにコメントした。

―今、チームに何をもたらしたい?
「チーム一丸となってやることだと思うし、自分がもたらすことっていうより、自分が何をしなきゃいけないのかっていうのをその場の状況でしっかり把握することだけが一番大事だと思う。やっぱり相手がいてのサッカーだし、いろんな状況があると思うんで、その時にしっかりいい判断ができるようにコンディションを整えるっていうのが、今の自分に一番やらなきゃいけないことだと思います」

―これまで長友などがメンタルのことをすごく言っていたが?
「みんながそのメンタルを持っていないわけじゃないと思うし、各試合でそういうのがなかったってことは絶対ないと思う。ただ、持ち方だったり、シチュエーション、90分間通して全部それを持ち続けることが難しいっていう話。それを高く持ち続けられる選手がいい選手。自分もそういうのを見習っていきたい。話を聞いて納得もしてるし、そういう気持ちの部分がすごく大きく左右するっていうのが、こういう国際試合。そういう意味では気持ちの部分はすごく大事だと思いますね」

 日本代表は、4日にオーストラリア代表と対戦。引き分け以上の結果を収めれば、5大会連続5回目のワールドカップ本大会出場が決まる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る