2013.06.04

6月4日、大一番…W杯出場懸けた豪戦は合流直後の本田先発か

先発起用が予想される本田(右) [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップ切符のかかる大一番・オーストラリア戦がいよいよ4日に迫った。前日の3日には本田圭佑(CSKAモスクワ)、岡崎慎司、酒井高徳(ともにシュトゥットガルト)の3人が帰国。チームに合流し、16時45分から決戦の地・埼玉スタジアムで行われた約1時間半の公式練習にのぞんだ。

 彼らは最初のボール回しの後、別メニューでコンディション調整を行ったが、試合出場は問題なさそうだ。とりわけアルベルト・ザッケローニ監督が代表復帰を心待ちにしていた本田について「ロシアカップ決勝よりは長い時間出られるのではないか」と前向きにコメントしており、本田をトップ下に据える4-2-3-1で頭から行くことは確実だ。

 本田はいつも通り、無言でミックスゾーンを通り過ぎた。が、長友佑都(インテル)が「圭佑とは目指すべき方向性とか目標が重なる部分が沢山ある。僕らが引っ張らないで誰がやるんだと思っている」と言い切る通り、本田の合流はチーム全体の精神面を考えても大きい。彼らの勝利への貪欲さを酒井高徳ら若い世代も強く感じており、5月30日のブルガリア戦(豊田スタジアム)に比べると、チーム全体から感じられる闘争心や一体感は全く違う。

 ようやく臨戦態勢が整ってきたザックジャパン。あとはオーストラリアに引き分け以上の結果を残すだけだ。アジアの盟主としての意地とプライドを今こそしっかりと示してほしいものだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る