2013.05.31

ブルガリア代表監督「日本のミスを利用して攻撃しようとした」

2得点を奪ったブルガリア代表が日本代表に勝利 [写真]=兼子 愼一郎

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、ブルガリア代表のリュボスラフ・ペネフ監督は、以下のように敗戦を振り返った。

―守備に関してはどのような戦略を立てていたのか?
「今日の試合に関しては、長期間に渡って準備を行なってきた。日本の試合を事前に研究してきた。そして、それに基づいた戦術を練習してきたが、基本的には日本のミスを利用して攻撃を組み立てようとした」

―日本と戦った率直な印象は?
「試合前に言ったように、日本が強いチームであるという印象は変わっていない。日本には素晴らしい監督、レベルの高い選手が揃っていると思う。ただ、サッカーではこうして負けることもある。しかし、日本は素晴らしい試合をして、今日は我々がたまたまチャンスをものにできたということだと思っている」

―日本は前後半でシステムを変えたが、何か対応をしたか? 前半と後半どちらに脅威を感じたか?
「2番目の質問に関しては、私は答えるべき立場ではないと思う。それは、(アルベルト)ザッケローニ監督が答えるべきだと思う。システムが前後半で変わったことに関しては、我々は事前に3-4-3のフォーメーションで来ると予測していた。3-4-3に対して戦略を練っていたので、サプライズとはならなかった」

―日本のミスを利用したとのことだが、日本はどういったところでミスが出やすいのか?
「日本が攻撃を中盤で組み立てる際に、我々が奪って自分たちの攻撃に繋げるということを基本的には行なっていた。日本の中盤の組み立て方も、我々は事前に予習してきたので、チャンスに繋げられたと思う」

―ワールドカップ予選を通過するためにどのような収穫があったのか?
「前日会見でも語ったが、就任から1年半が経ったが新しいチームを作っている最中だから、今回起用した選手が見せたパフォーマンスには非常に満足している。彼らを試合で試したいということが今回の目的だった。結果は勝利で終わったが、彼らがどのようなプレーを見せてくれるか、どのような実力を持っているかを確認できた」

「ザッケローニ監督はイタリア人監督で、彼のキャリアをよく知っている。イタリアのサッカーにも詳しい。ヨーロッパ有数のリーグであるセリエAを持ち、ワールドカップ予選でも同じグループで対戦したこともあり、イタリアについては熟知している。だから、選択肢として日本が4-2-3-1と3-4-3の両方を持っていることは知っていた。ただ、前半にどちらで来るかまでは把握できていなかったが、どちらで来ても対応できる準備はしてあった」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る