2013.05.31

今野泰幸「課題はやっぱりセットプレー」/ブルガリア戦

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表DF今野泰幸は、以下のように敗戦を振り返った。

―ドリブルで攻めを活性化させていたように見えたが、狙いは?
「そうやって崩していくということを、3-4-3のときはやっていこうと練習でもやっていいたので、チャレンジはしているつもりだった。ただ、前の要求が高すぎてもっとやらないといけないと思った」

―要求とは?
「もっと運べと。長友(佑都)とかね、後半とか特に」

―久しぶりにやった3-4-3の手応えとか、課題は?
「ポジショニングとかはすごいチャレンジしたつもり。でも、体力的には結構キツかったところはあるが、慣れていけばやれるんではないかなという感じはある。攻撃面でも、結構いい形が作れたのでそんなに悲観することはないと思う」

―2年前に比べても?
「そんなに急にできるわけでもないし、結構ミーティングとかもして。選手のポジショニングの理解とか、僕自身ももっと深くわかったし、今日も試合で試せたし良かったと思う」

―課題は?
「今日の試合で言えば、3-4-3、4-2-3-1どうこうより、やっぱりセットプレーですよね。異常なので、ここまでセットプレーでやられるのはちょっとね。オーストラリアもセットプレーを狙ってくるので、もうちょっと考えないといけないという感じですね」

―対策は与えないことか?
「そうですね。だけど、やっていますけどね。日本代表のみんなは与えないことは意識的にやっている」

―審判とかの相性もあるのか?
「与えないようにはしているけれど、やっぱり何回かはある。そういうところでやられてはいけないし、考えながらやっている」

―意識し過ぎてナーバスになっているか?
「そこまでなかったですけど、今日2本やられたということはちょっと。しかも1点も取れずに負けたということで、残念な試合になったという感じはある」

―ドルブルでの持ち運びに関しては、他の選手よりできていたと思うが?
「自分でも結構やれたと思った。でも、相手もすごいしっかりやっていた。僕が持ち上がった時は、大体ボールウォッチャーになってすごいチャンスになるんですよ。だけど、今日はピッタリ一対一でマンマークでついてきて、出せない状況が多かった。そこで突っ込んでいっても、という考えがあったし、だからそこはボランチも使いながらボールを前に運びながらいつかのチャンスで、という考えだった。それでも、(前は)全部持ち運んでくれという感じだった。個性が強いから、いかの気持ち良くプレーさせるかが僕の仕事だと思う。僕もそれを常に求めている。いいパスを出せれば、前はいい攻撃をしてくれるという考えがある」

―前半の連携はどうだったか?
「意識的に、やってみようと。やられてもいいから、監督の考える3-4-3をチャレンジしてみようと話していた。(栗原)勇蔵の素晴らしいカバーで何回も助けられた部分もあった。でも、横ズレは上手くできてボールをいい形で奪えたことも何回かあったし、以前よりはよかったと思う」

―コンパクトさはどうだったか?
「中盤の選手は広かったと言っていたが、俺は別に。前半は特に広いなとも思わなかった。崩せそうな感じもあった」

「相手は中盤がすごい上手かった。落ち着いているし、ハマったら結構いいパスで、ボランチに当てたりとかして。前線にはいい選手はいなかったけれど、中盤は結構落ち着いた」

― 3-4-3はオプションになると思うか
「絶対無理とは全然思っていない。今の日本代表のメンバーだったらやれると思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る