2013.05.31

中村憲剛「相手は勤勉にハードワークしていた」/ブルガリア戦

中村憲剛
中村憲剛は69分に途中出場 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表MF中村憲剛は、以下のように敗戦を振り返った。

「負けている状態で入ったが、得点も自分のシュートは入らなかったし、そういうことを期待されて入っていると思うので」

―何とかしなければということはプレーから伝わってきたが。
「何とかしなければと思っていましたが、入ってすぐに2点目も入ってしまったし、こっちはやるしかなかったので。ただ、ブルガリアもしっかりブロック作って、2-0だから無理して来なかったということもある。その中でも、相手のゾーンを抜けたら最後までいけるというところはあった」

―合わないシーンもあったが。
「お互いの意識のズレというか。出したいところと欲しいところがちょっとズレて。やっぱりトップスピードでお互いやっているから、そこがズレるとちょっとハマらないし。逆にそこがハマれば相手を置き去りにできるプレーもある。本当に紙一重だけれど、久しぶりにみんなで会うということもある。それは、長くやっているから言いっこなしだと思う」

―フレンドリーマッチということで、テンションに違いはあるか?
「個人的にはそういう感じはいつも持っていない。スタメンでもないし、出番が来た時に絡まないといけないとは思っている。それはワールドカップ予選でもフレンドリーマッチでも変わらない」

―ここで、そういうちょっとしたことが、本番を前に出たということは?
「いいことも、悪いことも90分やることで出ることもあるので。まず、試合を90分やること自体が収穫だと思う。その中で3-4-3も4-2-3-1も、選手のコンディションもそういうことが監督の頭の中にはあると思う。それがわかるだけでもやった甲斐があると思う。ただ、欲を言えば勝っておきたかったというのは、みんなの総意だと思う」

―前半の攻撃は見ていてどう思ったか?
「早々に失点したということもあってブルガリアもそんなに頑張らなくてもよくなったというか。まずブロックを作って守るということで。それでも上手くサイドハーフを使いながら、ウイングの選手と絡むときはチャンスができていた。その凌ぎ合いというか、向こうのブロックとこちらの繋ぎというのは、ちょっとずつ上手く入っていけばこちらのものだし、入らなかったら向こうが取ってしっかりカウンターができるということで、そこに入るか入らなかっただけなので。ただ、もうちょっとスムーズに攻めを作れれば、もっと面白いかなとは外から見て思いましたけど」

―今後のオプションに3-4-3はなるか?
「継続的にやっていくのではないかと思いますけどね。それは、選手達もそれを思ってやらないと意味はないですし。監督がやるというときはやらないといけない。そういう意味でも3-4-3でいいところもあったし悪いところもあった」

―2失点ともセットプレーからのミスで、フェアな結果は0-0でないか。
「日本にチャンスもありましたし、前半も失点シーン以外はそこまで押されていた感じもない。だから、上手く膠着状態に持っていかれた気がする。そういうところは、試合巧者、力があるチームだなと。ワールドカップ予選もイタリアのところで、そんなに負けていないと聞いている。上手く1-0の戦い方をしているなと思った」

―ブルガリアにあって日本になかったものは?
「ボールを持っている時の運動量はブルガリアの選手は出して走って、出して走ってということを、特に前半の最初の方は凄いやっていた。日本も出して動いてがあったときはやっぱり崩せている。出して動くと距離感も短くなるから相手も崩れる。そういうところがブルガリアは上手いというか、シンプルに徹底されていた。ビデオでも実際やってみても、勤勉に攻守にハードワークできていたと思う」

―日本にそういう頻度が少なかったのはどういうところか?
「やはり3-4-3をみんなで何とか覚えようというか、やろうということで、考えるところから入ってしまった。いつものように、体が勝手に動くような感じではなさそうに思えった。その中でも型通りというか、サイドハーフとウイングのところで上手くズレを生じさせて中に攻めていくということはあったと思う。前半で言えば(香川)真司と(乾)貴士を前に向かせたいということがシステムの意図なので、それが出た時は攻めも迫力があった。でも、向こうも気づいて、そこを締めだすところは上手いなと思った」

―残り少ない中でチームに必要なものは?
「テンションは自ずと高くなっていくと思う。そういう意味であとはコンディションだと思う。今までやってきたことがあると思う。それをまずしっかりやって、3-4-3から4-2-3-1に変えることは簡単ではないと思う。そういうところでしっかり切り替えて、負けてしまったが、いい教訓というか、やらないといけないなという感じになった。そういう集中力というか、次の試合の大事さは誰もがわかっているので。そこに向けた集中力やコンディションだと思う」

―チームの状態はどう思うか?
「オーストラリア戦に向けた1つ前の試合ということで、色々確認したいことをやって、オーストラリア戦に向かうイメージがみんなにあったと思う。みんなも流れはわかっている。負けてしまったが、そこまで心配はしていない」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る