2013.05.31

乾貴士「通用したプレーは全然なかった」/ブルガリア戦

乾貴士
一対一の局面で勝負を仕掛ける乾貴士 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表MF乾貴士は、以下のように敗戦を振り返った。

―前半は積極的に仕掛けていたと思うが?
「みんなで勇気を持ってチャレンジしようとしていたので、必死にはやりましたけど、なかなか上手くいかなかった気がする。もうちょっと形を作れれば良かった」

―上手くいかなかったのは距離感とかか?
「距離感もまだ、試してそんなに経っていないので難しかったですし、守備のところも結構難しいやり方なので。でも、これができるようになれば、また上にいけるかなと思う。やっていく価値はあると思う」

―香川(真司)選手と息のあったところを見せられたのでは?
「いや、もっとやれると思っていましたけど。なかなか距離感も難しかったですし、4-2-3-1になってからも、あまり自分はボールに触れなかったので。キヨ(清武弘嗣)と真司の方が、逆に良かったのかなと思いますし、その中に自分も入って行かないといけなかったですけど、入れなかったことが悔しいですし、もっとやっていかないと厳しいかなと思います」

―ブルガリアは思っていたより強かったか?
「思っていた通りでしたけど、やっぱり。強かったですけど。難しい相手でしたね。相手も下手ではないし」

―自分自身のプレーで通用したと思うところはどういうところか?
「今日は、全然なかったかなと思います」

―監督からポジションについて、どういう指示をされたか?
「あまり中に行き過ぎたら、右サイドに展開した時にウッチー(内田篤人)が1人になるので、そういうところのポジショニングとかを言われましたね」

―左サイドにも入っていったのは、自分の判断か?
「そうですね。真司と中に入ってこいよという風には話し合っていたので。でないと、距離感も遠いですし、厳しいかなと思ってやっていました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る