2013.05.31

長谷部誠「僕のOGはクリアしないといけなかった」/ブルガリア戦

先発出場した長谷部誠 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表MF長谷部誠は、以下のように敗戦を振り返った。

「この試合に限らず点が取れていないのは苦しい。勝って、内容もよくて、気持ちよく(オーストラリア戦がある)6月4日に臨みたかったけど、とにかく負けてしまった事実は変わらないので、ここで出た修正点をしっかり確認して、あとは気持ちを切り替えて6月4日に向けてやっていきたい」

―修正点はセットプレーか?
「2失点ともセットプレーで、1失点目は、(川島)永嗣は難しかったけど弾こうと思えば弾けたと話していた。2失点目の僕のオウンゴールはクリアしないといけなかった。ヨルダン戦もオマーン戦もセットプレーからの失点が続いているし、点を取られた場面以外でも危ないところがあった。チームとして取り組んではいるが、どうしても体格で劣ってしまうところがある。そのなかでいかに対応するか。一番はセットプレーを与えないことだけど、それ以外の部分でもっと体を当てて、競り負けても相手にいい形でヘディングさせないとかそういうことが重要だと思う」
―相手の監督が研究してきたと言っていたが?
「ブルガリアは非常によかった。球際も強かった。日本でやる試合でこういう相手はなかなかいないと感じた。研究されたという部分では、自分たちのところに高い位置からプレッシャーをかけて潰そうというのが見えた。自由にボールを回させてもらえなかった」

―オウンゴールの詳細は?
「まずはマークのところ。僕が21番についていたけど、17 番が浮いていたので、そこにつきにいこうと全力で走っていったら、そこにボールが来て、ちょっと難しかったけど、クリアしなければいけなかった。17番は交代して入ってきた選手なので、マークの確認がまだはっきりしてなかった。21番が最初に飛び込んできたのでマークについたけど、17番がフリーで、21番がこぼれ球狙いで戻った」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る