2013.05.31

川島永嗣「1失点目を止めなければ意味がなかった」/ブルガリア戦

ブルガリア戦、日本代表は3-4-3の布陣でスタートした [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表GK川島永嗣は、以下のように敗戦を振り返った。

「(1失点目のシーンは)無回転のシュートでしたし、難しいボールではあったと思いますけど、ただ開始直後のシーンだったし、あそこで止めなければ意味がないと思うし、実際今日の試合というのは、次の試合に向けてもそうだし、自分たちが3-4-3にチャレンジしたという意味でも今後にとっていいチャレンジの場だったと思いますけど、ああいう形で失点してしまったのは自分の責任だと思うし、それがそのチャレンジ自体を難しくしてしまったかなと思います」

―あのキックがあることはスカウティングで分かっていた?
「ああいう入り方で無回転を蹴ってくるなというのは分かりましたけど」

―目の前でかなり落ちた?
「そうですね。それでも自分がラインに入ってなければいけなかったと思いますし。実際にボールがどこに行くか分からないので、まず自分がラインに入ることが大事なので、そういった意味で最後の最後のところまで粘れなかったかなと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る