2013.05.31

吉田麻也「ホームでの完封負けはありえない」/ブルガリア戦

吉田麻也
体を寄せてボールを奪いにいく吉田麻也 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 試合後、日本代表DF吉田麻也は、以下のように敗戦を振り返った。

―まず結果について?
「ホームで完封負けというのがまずありえないですね。率直に」

―最初の失点が響いたか?
「最初にあっさり入れられたのもそうですし、セットプレーからの失点を防げなかったというのも前回というか、ずっと続いていますけど、課題の1つであるセットプレーからの守備でやられてしまったというのはちょっと腑に落ちないなと思います」

―最初のFKの場面は自身のファウルからか?
「そうです。FKは僕の角度からは分かんないですけど、相当落ちたと聞いているので個の能力だと思います」

―普通の(川島)永嗣君だったら普通に跳ね返すはずだが?
「キッカーもPSVやフルアムでやっている選手なので、レベルは高い選手だったと思います」

―その後、3-4-3をやるということでそっちに集中しようと思っていた矢先に失点したことでノッキングを起こしたのでは?
「失点はまず置いておきましょう。失点は別として、3-4-3をやるというのは監督を含めて全員で決めたことだし、トライして、昨日も言いましたけどフィードバックできればいいと思っていたので、守備の面でも多少あったし、攻撃の面でも多少ちぐはぐ感はあったので、1回2回やってすっとできるようなものではないですけど、これから1カ月近くあるのでまた試す場面もあるだろうし、仮にオーストラリア戦で決まればイラク戦でまた試せるかもしれないし、監督が決めることですけど、1つのオプションとして考えて、この試合を踏まえて改善していかなければいけない点もあるだろうし。ただ、とにかく目の前のオーストラリア戦が中4日しかないので、そっちに向けて集中してやっていく方が今はいいと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る