2013.05.31

専門誌編集長が分析するブルガリア戦「課題のセットプレーで2失点。大きな不安」

香川真司
3トップの一角で先発した香川真司は、試合後に3-4-3の手応えを口にした [写真]=兼子 愼一郎

 5月30日に行われたキリンチャレンジカップ2013で、日本代表はブルガリア代表に0-2で敗れた。親善試合だったとはいえ、ホームで敗戦。完敗とも言える一戦をサッカー専門誌の編集長はどのように捉えているのか。“世界と戦うSAMURAI”をテーマに据えたサッカー誌『SAMURAI SOCCER KING』編集長の前田拓、日本サッカーに徹底フォーカスしたJリーグ専門誌『Jリーグサッカーキング』編集長の青山知雄に話を聞いた。

■連鎖する課題。この敗北が解決への「気付き」となる

 2失点はほぼアクシデントだったとはいえ、肝心の内容も攻守に不満が残った。

 攻撃面では、タテへの速い展開が不足している。テンションの高いブルガリアの守備の前では、スピードや精度を欠いたパスではフィニッシュまで持ち込めなかった。背水の陣で臨んでくるオーストラリアの寄せの速さ、戻りの速さは同等以上だろう。前線の選手間の距離が近い場面では、速い縦パスからダイレクトでつないでゴールを脅かす形が生まれていただけに、このプレーをいかに増やせるかがポイントとなる。

 もっとも、攻守は表裏一体。攻撃時の選手間の距離を左右するのは守備だが、今日の試合では前線から中盤でのボール奪取がうまくいかず、効果的なショートカウンターを仕掛けられなかった。また、3-4-3で前方に人を割いた狙いもその点にあったはずだが、守備を気にした内田篤人、駒野友一がポジションを下げてしまいがちで効果が半減していたように思う。

 日本の最大の武器である攻撃陣の技術とコンビネーションを発揮するため、チームとしてどこに人を割き、どう守る(=攻撃をスタートさせる)のか。ザッケローニも選手たちも、バランスの調整に苦慮しているように見えた。わずか4日で克服できるテーマではないが、改善すべき問題に対し、直前に気付きが与えられたメリットは決して小さくない。0-2という結果自体は、“良い薬”だったと言えるのではないか。

「サムライサッカーキング編集長 前田 拓

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

■長い目で見れば微かな収穫も、テストマッチとしては残念な内容

 ザック・ジャパンとしては初めての連敗。スコアレスで敗れたブルガリア戦は、来年のワールドカップ本大会に向けたチーム作りを考えれば微かな収穫が、差し迫ったオーストラリアとの大一番に向けては大きな課題を残した一戦となった。

 ザッケローニ監督が3-4-3システムを採用したことで、まずはこれまで全くと言っていいほど機能していなかった陣形がどのような進化を遂げたのかに注目した。

 序盤は両サイドの内田篤人と駒野友一が孤立。彼らにボールが入った際に周囲のフォローがなく、3人目の動きやパスコースに顔を出すシーンも少なく、連動性を欠く場面が目立った。正直、選手たちが自信を持って動けていなかった印象が強い。だが、25分頃から内田の前に乾貴士が顔を出すようになり、逆サイドから香川真司が中央に絞ったポジション取りを見せたことで選手同士の距離感が良化。ペナルティエリア付近でのダイレクトプレーが増え、徐々に攻撃に厚みを出せるようになった。長い目で見れば、全く機能していなかった3バックに光が見え始めたと言っていいだろう。乾、香川も上記についてはポジティブなコメントを残している。

 ただし、センターバックを1枚増やしたことで中盤から前線にかけて選手が少なくなるのは物理的に仕方がなく、攻撃に迫力を欠いたのも事実。長谷部誠もミックスゾーンで同様の課題を口にしていた。本田圭佑の不在を受けて採用したのか、それとも本田がいてもテストしたのか、もしくは本田がいれば3-4-3でも迫力が出せるのか。現時点では3-4-3をベストメンバーで試したことがなく、すべてはベールに包まれたままだ。オプションの精度アップに関しては、コンフェデレーションズカップを含めた1カ月半でどんな熟成を図るのかがポイントになるだろう。

 だが、オーストラリア戦に向けたテストマッチとしては残念な内容だった。本番で3-4-3を採用する可能性は低く、このタイミングでテストをした意味はほとんどない。ブルガリアは球際が強く、前線からしっかりプレスを仕掛け、攻守にオーガナイズされた好チームだったが、”仮想オーストラリア”に適した相手ではなかったように思われる。課題だったセットプレーの守備でまたしても2失点を喫しており、これでセットプレーから3試合で4失点。空中戦に強いオーストラリアへの対応を考えると、大きな不安を残したのは否めない。劣勢を強いられた際にどう戦うのかも見えなかった。ブルガリア戦から5日後、日本中から注目される試合で、果たしてきっちり本大会出場を決められるのか。内容を求めたい気持ちは分かるが、この試合は何よりも結果が重要。本田、岡崎慎司の合流が何かを変えるのか。日本代表チームに、中4日での切り替えと課題修正という大きなテーマがのしかかった。

青山知雄(Jリーグサッカーキング編集長)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る