2013.05.31

初の連敗を喫したザック監督「インテンシティは見られなかった」

ザッケローニ
試合後、ザッケローニ監督は「サポーターの期待に応えることができず、非常に残念」とコメント [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表がブルガリア代表と対戦し、0-2で完封負けを喫した。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、就任後初の連敗となった試合後、記者会見で以下のように敗戦を振り返った。

―今回もセットプレーで失点を喫したが?
「まず、ああいう形で失点をしてしまうということは、好きではない。更に言うと、失点をすること自体が好きではない。負けることは悔しく、今日はフレンドリーマッチだったが、沢山のサポーターがスタジアムに駆けつけてくれて、見守る中、良い内容の試合ができなかったことは残念に思う。結果は敗戦となったが、サポーターは90分間、チームを応援してくれ、試合が終わった後にも、チームに熱い声援を送ってくれた。当然、試合の中でのゴールなどの結果はあるけれども、チームを成長させなければいけない立場としては、内容を重視しないといけない。相手もチャンスを作れていなかったが、我々も同様にチャンスを作れなかった。2つのシステムを使ったが、1つのオプションを試して、もう1つは普段のものだった。前後半でそれぞれのシステムで良いところもあったが、課題もあった。その中で共通して言えることは、やはりリズムが悪いと我々の良いところは出ないと思う。ゴールへ向かうパスの供給率が低かったと思う」

―リズムが悪かった原因は?
「全体的なコンディションを高めていかなければいけないと思い、リズムの悪さはそこに起因していると思う。数人の選手にそのような傾向がある」

―1年半ぶりの3-4-3は、オーストラリアを想定していると思うが、相手がオーストラリアとは全く違う攻めをしてきた。その中で収穫はあったか?
「前後半でシステムを変えたが、チームの動きはそれほど大きく変わるものではない。前後半とも、ボールを持った時の判断で遅れが出たと思う。3バックにしろ4バックにしろ、守備のところで良いところが出たと思う。攻撃がうまくいかなかったとのことだが、ブルガリアはフィジカルが強く、そういった選手がブロックを作って守ってきたということも考慮しなければいけない。相手が引いてきてスペースが消えてしまったので、仕掛ける必要があったと思う。過去にもブルガリア以上に引いてくる相手と対戦したこともあるし、オフザボールの動きをより多く出すことができれば、チャンスもついてきたと思う。前日会見でも言ったが、ブルガリアは非常に良いチームだった。ワールドカップ予選で結果がついてきていることも頷ける」

―日本は組織力があって個の力が生きると思うが?
「日本はこれまでやってきた戦い方がある。やはり体でぶつかり合いをしても不利なのだから、コンビネーションやオフザボールの動きをする。あとは、相手をより多く飛ばす縦パスを供給していくべき。スペースにボールを運び、相手に的を絞らせないようにマークを外す動きを多く出すことができればと思う。香川(真司)も乾(貴士)も岡崎(慎司)も、足下で受けるのではなく、前を向いて走りながらボールを受けるときに良いところが出る。今日も香川や乾、長友(佑都)、清武(弘嗣)らがスペースに動きながら受けた時は、良いところが出た」

―過去にも3-4-3は試したが今後も挑戦するのか、それとも他にオプションがあるのか?サポーターからの信頼をどう思うか?
「フレンドリーマッチで、結果が最重要ではない試合に関しては、新しいオプションを試すことはいいのではと思う。それが15分であれ、30分であれ、45分であれ、もしくは90分であれ、それは状況によって変わってくる。今日も前半は3-4-3でプレーし、後半は4-2-3-1でプレーしたが、先ほども言ったがそれほど大きな違いはなかった。システム自体はチームの特長に合わせた良いところが出るようにすればいいが、みんなが共通理解を持ち、スムーズにプレーが進むことは必要不可欠だと思う。持っている狙いは、主導権を握ること。そのためにシステムを試している。1つは普段から使い、もう1つは試しているところ。手元にいる選手の特長に合わせ、構築していくことが大切になる。今晩の試合は別として、基本的に我々は多くのチャンスを作り、その割にはピンチの数は少ないチームだと思う。冒頭でも話したが、サポーターには非常に感謝しているし、だからこそ期待に応えられなかったことには、残念に思う。試合が終わった後にチームに声援を送ってくれたが、サポーターは今日の試合で100パーセントのトライをしたことを認めてくれていると思う。このグループは素晴らしく、国民のみなさんに喜びを与えていると思うし、今後もさらに喜びを与えられるようになっていくと思う」

―今日の試合では、インテンシティはどうだったか? コンディションに不安を感じたが、オーストラリア戦までの中4日をどのように過ごすのか?
「今日は、あまりインテンシティは見られなかった。私自身は不安だと思っていないし、結果がついてこなかったことで、嬉しい気持ちではないが、選手達はやるときはやってくれる。魅せてくれる時は本領を発揮してくれる。今日の試合に関しては、フィジカルコンディションのちょっとした問題で90分間出られない選手もいたが、オーストラリア戦に向けて、そういったところを調整できればと思う」

―今日の試合がオーストラリア戦に与える良い影響と悪い影響は?
「時に負けは良いものだということもあるが、私は実際にそのようには考えないタイプで、負けからは何も起きないし、負けは好きではない。しかし、監督なので今日の試合で良かったところ、良くなかったところを冷静に分析したい。オーストラリアは違った特長を持つので、どういった戦い方をするかの準備をしていかなければいけないし、良い状態に仕上がり、選手達はやってくれると思う。この試合自体、私自身がオーストラリア戦を前に1試合組んで欲しいと協会にお願いをした。理由はこの試合を通じて、オーストラリア戦に向けて誰が良い状態で、誰が良い状態でないのかを把握するために、試合を組むようにお願いした。繰り返すが、負けるのは好きではないが、この試合の一番の目的はオーストラリア戦に向けて情報をできるだけ得るところだった」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る