2013.05.30

日本代表、最終決戦へのシミュレーション/ブルガリア戦

ブラジルW杯のアジア最終予選でグループ首位に立つ日本代表 [写真]=兼子愼一郎

 3月26日のヨルダン戦(アンマン)でブラジルへの切符を取り損ねた日本代表。6月4日のオーストラリア戦(埼玉)では絶対に結果を出さないといけない。30日のブルガリア戦(豊田)は本番前最後の確認の場。アルベルト・ザッケローニ監督は3-4-3のテストも織り交ぜつつ、90分を有効活用する考えだ。

 中でも注目されるのは長期離脱から復帰した長友佑都(インテル)。まだ試合勘とコンディションが戻っていないのか、29日の前日練習の最後にも香川真司(マンチェスター・U)とともにアジリティを高めるメニューを精力的にこなしていた。「正直、試合をしてみないと分からない」と本人も半信半疑なところがあるという。まずは彼の状態をチェックし、大一番で持ち前の強靭な精神力と一対一の強さを発揮できるかどうかを確かめたいものだ。

 もう1つのポイントは本田圭佑(CSKAモスクワ)不在の穴をどう埋めるか。この問題にザック監督は3次予選の時からずっと直面し続けているが、確固たる答えは出ていない。中村憲剛(川崎)か香川のどちらをトップ下に配置するかで攻撃陣の連動性も変わってくる。指揮官の判断が気になる。

 長谷部誠(ヴォルフスブルク)が「ブルガリアは体格で恵まれているし、オーストラリアより強い。そういう相手とやれるのは大きい」と語ったように、今回のゲームは最終決戦のシミュレーションとしても重要な意味を持つ。ヨルダン戦でリスタートやカウンターから失点した反省を踏まえ、しっかりした守備とインテンシティの高い攻めと得点に大きな期待を寄せたいものだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る