2013.04.24

インテル長友、コンフェデ出場目指して手術回避か…保存療法を望む

カリアリ戦で出場からわずか8分で交代を余儀なくされた長友 [写真]=Getty Images

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、負傷したひざの手術を回避することを希望していると、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

 同紙は、左ひざの負傷で戦列を離れている長友が、保存療法を希望していると報道。手術を回避することで、6月に日本代表が出場するコンフェデレーションズカップへの参加を望んでいると伝えられた。

 また、同紙は長友が手術回避を希望する一方で、インテル側は手術を推奨していると報道。両者の意見が対立したが、既に保存療法での治療が決まったとの見方も伝えている。

 長友は、2月24日に行われたミラン戦で左ひざを負傷。4月14日のカリアリ戦では、67分から途中出場して、公式戦8試合ぶりに復帰したが、出場8分後に負傷交代していた。15日には、クラブから左ひざ外側半月板を断裂したと発表された。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る