FOLLOW US

ブラインドサッカー日本代表が世界最強のブラジルに惜敗

日本ゴールに攻め入るブラジルの10番ヒカルド

 20日、さいたま市のフットメッセ大宮でブラインドサッカーの「ノーマライゼーションカップ」が開催され、日本代表が世界王者のブラジル代表と対戦し、1─2で惜敗した。

 パラリンピック3連覇中のブラジル相手に、前半は0─0で抑えた日本だったが、後半に入りブラジルのエース、ヒカルドに巧みなドリブル突破から2点を決められ、終盤に代表初招集の川村怜が1点を返したが反撃はここまでだった。
 
 日本代表を率いる魚住監督は、「前半はゼロで抑えようというプランと狙いで臨み、そのとおりにいったので手応えをつかんだ」と語り、日本のエース落合啓士も、「ブラジルとは確かに差を感じたが、やるべきことが明確になった。手応えと課題の両方をつかんだ試合だった」と前向きに語った。

 ブラインドサッカーブラジル代表は週末の23日、24日に横浜で開催されるフィアットカルチョ2013にも出場する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO