2013.03.18

フットサル日本代表の木暮賢一郎が現役引退…W杯3度出場

木暮賢一郎
長年、日本フットサル界をけん引してきた木暮 [写真]=Getty Images

 名古屋オーシャンズに所属するフットサル日本代表の木暮賢一郎が17日、現役を引退した。

 木暮は、今年1月に今季限りの現役引退を表明。同日に行われて名古屋が初優勝(前身チームを含まず2007年のFリーグ開幕以降)を果たした「PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会」の決勝が最後の試合となった。現役最後の試合となったフウガすみだ戦は出場こそなかったが、チームは4-4からのPK戦を4-3で制してフットサル日本一となり、木暮の花道を飾っている。

 33歳の木暮は、中央大学、日本体育大学大学院を経て、スペインリーグに挑戦。2009年から名古屋に在籍していた。フットサル日本代表でも、ワールドカップに3大会に出場。2012年大会では、日本の史上初となる決勝トーナメント進出に貢献していた。

[写真]=Getty Images

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る