FOLLOW US

FC東京に移籍の李が帰国「もう一度、代表のユニフォームを着たい」

羽田空港で記者の質問に答える李忠成

 15日、サウサンプトンからFC東京に6月30日までの期限付き移籍が決まったFW李忠成がイギリスから帰国。宮崎・都城でキャンプを行なっているFC東京に合流するために乗り継ぎで訪れた羽田空港で記者の囲み取材に応じた。

 新天地FC東京では、「1試合で1得点以上を決めるような気持ちで臨む」と意気込みを語り、日本代表については「もう一度、青いユニフォームを着て得点を決めたい」と代表復帰の意欲を見せた。

――久しぶりにJリーグに帰ってきたという気持ちはありますか?
「半年間の期限付き移籍ですが、移籍を決断したからには結果にこだわっていきたいと思います」

――サウサンプトンのチームメート、吉田麻也選手とはどんな話をしましたか?
「麻也とはたくさん話して、いろいろと相談にのってもらいました。移籍について悩みましたが、最後は自分で決断しました」

――契約期間の半年での目標は?
「先発で出たときは、1試合で1得点以上を決める気持ちで臨みますし、出場したからには絶対に勝ちたい。そうでなければ、選手として試合に出場する意味がないと思うので。そういった強い気持ちを持って帰ってきました」

――試合に出場するというのが最も重要なことですか?
「試合に出場するだけでなく、良いパフォーマンスを見せなくてはいけませんし、結果が大事だと思います。パフォーマンスが良ければ、結果もついてくると思います」

――FC東京はかつて所属していたチームですが。
「中学3年生に加入し、プロデビューしたチームでもあります。すごくお世話になったチームです。小平でも練習していて実家も近いので、すぐにフィットできると思います。近年、FC東京はすごく良いサッカーをしているという点に魅力を感じたのも移籍を決断した理由の一つです。チームの中で、自分がどういったプレーができるのか楽しみです」

――日本代表に懸ける思いは?
「もう一度、青いユニフォームを着て得点を決めたいです」

――イングランドで得たものは?
「試合に出場できないときの辛さは、なかなか経験できないものだと思いますし、自分のキャリアにプラスになることだと思って生活してきました。サウサンプトンは高いレベルのチームなので、日本では学べないことがたくさんありました。選手としても人としても、間違いなく成長したと思います」

――移籍を決断するまでに時間がかかった理由は?
「プレミアリーグは誰もが経験できる舞台ではないですし、チームに加入することさえ、難しいことだと思います。イングランドを離れ、出場機会だけを求めて日本でプレーすることが良いのか、悩みました。それでも、試合に出場したいという気持ちが強かったですし、日本代表を捨てられない自分がいました。FC東京が自分のことを見てくれたというのもありますし、日本で勝負することを決めました」

――半年間の期限付き移籍ですが、その後は?
「半年後に分かることだと思います。自分がどこまでプレーできたのか、自分がどこまで評価されたのか、自分の立ち位置によって大きく変わると思います。移籍したからには結果を残して、FC東京に残留、サウサンプトンに復帰、違うチームへの移籍など、選択肢を増やせるように努力したいです」

――希望のポジションは?
「やはり、センターフォワードですね。広島時代にやっていたトップ下もオプションとしてありますが、やはりセンターフォワードで出場したいですね」

 李は15日にチームに合流。コンディション次第で17日の蔚山との練習試合で出場する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO