2013.02.14

最新FIFAランクで日本が28位にダウン…アジアトップは維持

日本代表は、ワールドカップ本大会出場に王手をかけている [写真]=足立雅史

 FIFA(国際サッカー連盟)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は、7ランクダウンして28位となったが、前回から引き続きアジア最上位をキープした。ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選で日本と同組のオーストラリアが、1ランク下げた37位で、4ランクダウンで38位の韓国を上回りアジア2位となった。

 3月26日に行われるアジア最終予選で、日本と対戦するヨルダンは92位。日本と同組の他国では、イラクが89位でオマーンが105位に入った。

 上位陣は、1位がスペイン、2位にドイツ、3位はアルゼンチンと変動なし。コートジボワールは前回から2ランクアップして、12位でアフリカ勢のトップを維持。10日に決勝が行われたアフリカ・ネーションズカップで19年ぶり3度目の戴冠を果たしたナイジェリアは、22ランク上げて30位となっている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る