2013.02.07

史上最多の海外組10人先発で際立った国内組の存在感/ラトビア戦

2013年の初戦で快勝を飾った日本代表 [写真]=足立雅史

 毎年、代表の初戦は苦戦しているイメージがあったが、2013年は打って変わって華々しいスタートとなった。日本代表は、6日に行われたキリンチャレンジカップ2013でラトビア代表を3-0で下した。アルベルト・ザッケローニ監督が試合前に、「海外組を重点的に使いたい」と語っていたように、史上最多となる海外組10選手が先発起用されて、岡崎慎司の2得点と本田圭佑のゴールで2013年の初戦を快勝で飾った。

 華やかな話題が挙がるなか、ザッケローニ監督が狙った「代表チームのコンセプトを思い出してほしい」という目的は、ほぼ達成されたと見ることができるだろう。前半こそ監督が「錆び付いているところがあった」と認めたように、細かなパスを繋ごうとするあまり、攻撃の停滞感は確かにあった。それでも、徐々に攻めのリズムをつかみはじめ、前半終了間際の41分に岡崎が先制ゴールを奪っている。後半開始からは、前田遼一と遠藤保仁が投入されると、更に攻めが活性化されて決定機が増え、本田と岡崎の2点目が生まれた。

 ザッケローニ監督は、「後半のバージョンがいいという印象はあるが、それは個人としてではなく、チームとしてスペースにどんどん仕掛け、オフ・ザ・ボールの動きがたくさん出たから」と言及したが、成熟されたメンバー構成により各々がオートマチックに役割を遂行した結果とも言えるのではないか。

 今回はJリーグ開幕前ということで、多くの海外組が起用されたが、国内組の存在感を際立たせた結果にもなっている。岡崎は1トップで先発出場してゴールも挙げたが、ザッケローニ監督も、「彼が一番生きるポジションは、セカンドトップ」と語るように、2列目にポジションを下げた後半からはより躍動感が増していた。「センターフォワードがいて、作ってくれたスペースに岡崎が飛び込んでいく、というのが一番」と続けたが、岡崎の長所を最大限に引き出している1人に後半から1トップで投入された前田が挙げられる。互いの動きを熟知している前田の存在は、岡崎を活かすにあたりパスの出し手とともに、大きな要因ではないか。

 また、前田とともに後半から出場した遠藤の存在も目を引いた。国内組で唯一先発出場した今野泰幸も、「ヤットさんが入ってから、特に縦パスがすごく入るようになって、攻撃がスムーズになった」と振り返ったように、影響の大きさを再確認している。

 今野は遠藤らが投入されたことにより、「いつもの日本代表に戻った」と明かしたが、海外組を多く起用したことで、結果的に国内組の重要性を浮かび上がらせることに繋がった。昨年の11月以来の代表戦にも関わらず連動性に陰りが見えなかったことは、勝てばワールドカップ本大会出場権が決まる3月のヨルダン戦に向けても、明るい材料となったはずで、成熟したメンバーだからこそのプレーでもあった。

 加えて、メンバーの硬直化が指摘されるなかでも、後半途中から出場してチーム最多となる7本のシュートを放った乾貴士を筆頭に、チームにプラスアルファをもたらすことのできる選手も試合で持ち味を発揮し始めている。国内組の重要性とともに、安易に新戦力を求めるのではなく、成熟したメンバーと台頭する戦力のチーム内でのポジション争いがあり、そこに割って入るだけの実力を備えた選手を新たに迎えることが、最も健全な競争だと思い起こさせる一戦でもあった。

[写真]=足立雅史 [文]=小谷紘友

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る