2013.02.07

長友佑都「正直なところ、しっかりと評価はできない」/ラトビア戦

フル出場を果たした長友佑都 [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は6日、2013年の初戦となるキリンチャレンジカップ2013でラトビア代表と、ホームズスタジアム神戸で対戦。岡崎慎司の2ゴールと本田圭佑の得点で、3-0と快勝した。

 試合後、日本代表の長友佑都は、以下のように勝利を振り返った。

―結果が出て新しい年のスタートとしてはまあまあ?
「そうですね。ゼロに抑えられたということと、3点取れたのは評価できるのではないかと思います。ただ、相手もヨーロッパから移動してきて疲れていたし、あまりちゃんとは評価はできないかなと。正直なところ」

―長谷部(誠)も前半に相手が来ていた時にもっといい試合ができないといけないと話していたが?
「そうですね。前半も相手が来ていたようで守っていたし、なかなかスペースを見つけるのもね、岡崎もハーフタイムになかなかスペースがないということを言っていましたけど、そこは難しかったですけど、もっと1人1人が動いていいサッカーをしなければいけなかったと思いますね」

―帰国直後の影響は?
「まあ、ないと言ったらうそになりますね」

―前半は本田や香川(真司)が下がってきてしまう場面が多かったが、後半になって遠藤保仁たちが入って前に行けるようになったのでは?
「まあ、ヤット(遠藤保仁)さんとはずっとやっているし、連携っていうのはやりやすかったですけどね。でも(細貝)萌も前半ちょっと難しい状況の中で彼もよくやっていたし、よかったんじゃないかなと思いますけど」

―3月に向けての修正点?
「特に後半いい部分が出ましたし、そのいい部分というのを精度とともに突き詰めなければいけないなと思いますけど、そんなところですかね。ちょっと前半入り方がまあこれくらいでいいのかなという、全体的に探りながらだったり、自分のコンディションを探りながらというのがあったので、ちょっと修正しないといけないなと思いますけど」

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る