2013.02.07

今野泰幸「誰が入ってもいい出来になるようにしたい」/ラトビア戦

今野泰幸
今野泰幸は「きっちり3点取れて勝てたことは、本当に大きな収穫」と試合を振り返った [写真]=兼子 愼一郎

 日本代表は6日、2013年の初戦となるキリンチャレンジカップ2013でラトビア代表と、ホームズスタジアム神戸で対戦。岡崎慎司の2ゴールと本田圭佑の得点で、3-0と快勝した。試合後、日本代表の今野泰幸は、以下のように勝利を振り返った。

―きっちりと結果が出たことについて?
「もちろん不安もありましたし、最初はどうなるのかなという感じでした。最初はあんまり上手くいかなくて、トラップとかもみんなミスしてあまりいい流れができなかったですけど。でも、きっちり3点取れて勝てたことは、本当に大きな収穫だし。力をつけてきているなという感じはしますけど。特に前線は」

―自分たちの守り方はできたか?
「そうですね。2日間という短い期間でしたけど、監督もしっかり復習の意味でもいいトレーニングができていたし、再確認とかも結構しながら。試合でもコミュニケーション取りながらやっていたので、いい確認ができたと思います」

―スタメンで国内組が自分自身だけだったが気になった?
「気にはならなかったですけど。でも、どこでやっていようと、チームが同じになったら一緒にやれるというのはすごくサッカーのいいところだから。しかもマンチェスター・Uとかインテルでプレーしている選手と一緒にできるのは、すごく楽しみだし。今日もすごく楽しかった」

―最初は攻めあぐねていたが、チームとしてはどういうところを直して崩そうと思ったのか?
「相手がすごいベタ引きしていたので、すごい人数かけて守ってきて、結構縦パスを入れるのが難しくて。結構ちょこまかパスしているところを取られてカウンターというのが多かったので。だからサイドを上手く使いたいなというのは監督も言っていたし、僕も感じていた。少しずつサイドを使いながらウッチー(内田篤人)のいいクロスから岡崎のゴールが入ってからは上手くいきました。あとはヤット(遠藤保仁)さんが入ってからは、特に縦パスがすごく入るようになったので、攻撃がスムーズになったし、いつもの日本代表に戻ったなと思います」

―普段遠藤がいないことはほとんどないから、それはすごい感じた。
「ヤットさんは、日本代表の選手全員が尊敬しているし、そういう大黒柱という感じはしますけど。でも、やっぱりけがとか、累積警告とかで出られない時があるから、頼ってばかりではいけない。誰か1人が欠けただけで、チームのパフォーマンスが落ちるようではダメだし、今の日本代表は誰が入ってもいいパフォーマンスができるようにしていきたい」

―自分自身の今シーズンの課題は?
「本当にチームでいい練習ができているし、長谷川健太さんから学ぶこともすごく多いので、守備の決まりごととかも、すごく細かくやっているので、自分の身になるなという感じはします。後は代表を意識しながらプレーしたいし、練習とか試合で満足しないで、自分を伸ばすこと。もっと突き詰めてトレーニングしていきたいなと、思いますけど」

―(所属チームの)長谷川健太監督はどういうところが新鮮だった?
「エスパルス時代は走るイメージが強かったけど、結構細かいし、ディフェンスの組織として守る上げ下げだったり、絞るところであったりは、すごい決まり事として提示してくれるからすごい面白いと思うし、それが自分の身になればすごい自分のためになるという感じでやれているので、すごいいい感じで練習できています」

―個人的にも新しいことを吸収できているか?
「基本的なことだけど、すごく今は新鮮でやっていて楽しいです」

「3月に大事なヨルダン戦があるので、もっともっと精度とか上げていかないと、アウェーでヨルダンに勝つのは難しいと思うので。ヨルダンもたぶん結構やってくる、攻め込んでくると思うから、本当に気を抜けないですね」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る