2013.02.07

細貝萌「代表のユニフォームを着るのは特別」/ラトビア戦

細貝萌
ボランチで先発した細貝萌 [写真]=兼子 愼一郎

 日本代表は6日、2013年の初戦となるキリンチャレンジカップ2013でラトビア代表と、ホームズスタジアム神戸で対戦。岡崎慎司の2ゴールと本田圭佑の得点で、3-0と快勝した。試合後、日本代表の細貝萌は、以下のように勝利を振り返った。

「もう少しダイアゴナル(斜め)への縦パスが増えたら良かったのかなと思います。もう少し球際のところでも、カウンターのときに防げるところもありましたし。そういうところが課題になってくるのかなと思います」

―長谷部誠とのポジションの関係は?
「基本的にはセンターバックの真ん中に自分が後で残って、カウンターとかに備えたいなとは思っていました。でも、どっちが前でどっちが後という役割を決めて臨んだわけではないですけど」

―守備の際は長谷部と上手くボールを奪えていた印象があるが?
「相手のレベルが高くなってきた時にどうなるかが大事なので、またチームに戻ってしっかりと与えられたポジションでやれることをやっていきたいなと思いますけど」

―起点の部分で攻撃陣を生かすところではどうだったか?
「先ほど言ったように、ダイアゴナルへのパスがもっと増えれば、前の選手は能力が高いわけですから、しっかりと崩せると思うので。もっと自分のところから縦にパスが出れば、またチームももっと良くなるかなと思います」

―ヨルダン戦は1カ月後になるが?
「チームですごい厳しい状況にいるので、しっかりチームでやることで代表に呼んでもらえると思うし。代表からもいつ呼んでもらえなくなるかというのは、1番ギリギリのところにいると思うので、しっかり呼んでもらえるようにチームでやれることをやっていきたいなと思います」

―何本か縦に入れていたパスはリズムを変えようと思ってか?
「できるだけ縦に当てたいと思っていましたけど。相手も引いてしまって、自分と長谷部さんのところへのプレッシャーはなかったですけど。前も少し相手の枚数が多かったので、少し密集してしまっていたので、それでも縦に当てるのが良かったのかなと思います」

―今年最初の代表戦で、満員のスタジアムでスタメン出場はテンションが上がるか?
「そうですね。たくさんの人が応援してくれるのは嬉しいですし。普段もチームに戻ったらたくさんの人が応援してくれます。その中でも日本で日本代表のユニフォームを着てプレーするのは自分にとって特別な思いはありますけど」

―遠藤(保仁)と長谷部の2人になくて、自分にあるものは?
「やっぱり球際のディフェンス面のところだったりというのは、自分のストロングポイントの1つだと思っています。今日に関してはファウルをしないで奪おうという自分の中でテーマを決めていたので、相手がもっと能力が高くなればファウルで止めないといけないこともあったと思いますけど、今日はそういうテーマで自分の中でやったので、相手のレベルもあれですけど、ファウルがなかったことに関しては、自分の中では良かったのかなと思いますけど。カウンターを食らったシーンでも1度止められるところもありましたし。そういうところは自分の課題になってくるのかなと思います」

[写真]=兼子 愼一郎

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る