2013.02.06

ザック監督「乾には普段の代表とは違う魅力があった」/ラトビア戦

 日本代表は6日、2013年の初戦となるキリンチャレンジカップ2013でラトビア代表と、ホームズスタジアム神戸で対戦。岡崎慎司の2ゴールと本田圭佑の得点で、3-0と快勝した。

 試合後、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、以下のように勝利を振り返った。

―監督の理想の11人がいると思う。そういう選手たちが揃った時には、チームとして完成されつつあるように感じるが、選手が変わるとコンビネーションが合わなかったりする。それは今後の課題になると思うが、そのあたりはどう克服していくつもりか?
「その意見には同意できないというか、違う考え方を持っている。この2年半で、長友(佑都)であったり、内田(篤人)や香川(真司)、本田を欠いた中でも常にいい戦いをしてきた。センターバックが欠けることもあったし、李忠成に関しても、けがの時期がある。したがってコンビネーション不足の理由としては、(選手が変わるということよりも)準備期間にあると思っている。ただ、今あげたような選手たちが一度に4、5人出られない状況になるのは確かに問題ではあるが」

―アジアという舞台では、相手が引いて守ってくる。いろんなコンビネーションが必要だと思うが、それについてはどう考えているか?
「我々はゴールに向かっていくために、たくさんのチョイスを持っているが、時として持っていることを忘れてしまうことがある。また、きれいにプレーしたがるところがあり、そういった思いからセーフティなプレーが多くなってしまうこともある。そうではなくて、縦にボールを入れる、前にボールを運ぶサッカーをしていかなければならない。乾(貴士)がよかったと言ったが、彼はミドルレンジからも積極的に狙うという姿勢を見せてくれた。それは普段の日本代表とは違う魅力があった」

―試合後、本田と話し込んでいたが、どんな話をしたのか?
「本田は、ロシアリーグも間もなく再開するし、ヨルダン戦に向けてコンディションを高めたいという思いがあり、90分間プレーしたいという思いを強く持っていた。それに対して、監督の意見として、コンディションが100パーセントではないから、今日ここで90分間プレーさせてしまうとリスクが大きいということを説明した」

―試合がうまくいかなくなる理由として『準備期間』をあげたが、昨年を例にあげると、海外組の合流が1日、2日前だった試合でいい結果が出なかった。今回も合流してすぐの試合だったが、このような結果を残せた。短い期間でも力を発揮できるという手応えを掴んだか?
「チームのパフォーマンスを見る時に、狙いにトライしているか、そのプレーが出ているか、その精度はいかほどか、というポイントで見る。今日の試合の前半はあまりよくなかった。前半のようなプレーをしてしまうと、この先あまりよくないなと思うし、後半のようなプレーをしてくれれば、非常に楽しみだ」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る