2013.02.05

主将の長谷部「短い間でも結果を出せる強いチームに」/ラトビア戦

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップのラトビア代表戦に向けた前日練習を行った。

 練習を終えて、ヴォルフスブルクに所属する主将のMF長谷部誠が、以下のようにコメントした。

「今日合流した選手もいますし、明日試合なので集中して短いトレーニングをやったかなと思います。コンディションがどうこうで試合のやり方を変えることは基本的にないし、監督が交代メンバーとかを考えると思う。僕らは自分たちがやろうとしているサッカーをピッチの上でうまく表現できればいいなと思っていますし、こういう短い間でも結果を出せるような強いチームになれるようにしたい。明日は非常に楽しみなゲームだと思います」

―11月から2カ月。今回やってまた1カ月と、3月が予選だがここで1回復習が入るのは大きい?
「どうですかね。これだけ空いていますから。ただ3月に向けてはここで1回やっておくというのは非常に大事だと思うし、前の9月のイラク戦の前も8月に1回札幌で強行日程があって、そこではあまりいいゲームができなかったですけど。その後、イラク戦も内容がよかったわけじゃないけど、結果は出しているし、そういう意味では集まれる時はできるだけ集まった方がいいのかなという感じはしますけど」

―再確認とか復習というのを監督が強調しているが、ここだけはしっかりしておきたいところは?
「優先順位は難しいですけど、チームの1番のベースとなる、この2日間しか練習時間がなかったですけど、その中で1番大事なことを練習の中で取り入れてやっているので、そこをピッチの上で出してほしいということじゃないですかね。本当に細かいところはこういう短い期間だとなかなかできない部分はありますけど、チームのベースとなる練習の中でやっているサイドの使い方を監督は試合の中で表現してもらいたいんじゃないかなと思いますけどね」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る