2012.12.02

日本と同組のブラジル監督「ハードなグループでまさに望んでいたものだ」

 コンフェデレーションズカップ2013の1次リーグ組み合わせが決定し、アジア王者として出場する日本はグループAに入り、開催国のブラジルのほか、イタリア、メキシコと同組となった。

 ブラジル代表は先月、マノ・メネゼス前監督の解任劇があったが、2002年日韓ワールドカップを制したルイス・フェリペ・スコラーリ監督が新たに就任。コンフェデレーションズカップに向けたスコラーリ監督のコメントを『FIFA.com』が伝えている。

「我々ブラジルは競争力がある良質なチームだ。このトーナメントはワールドカップをどう制するか知る手立てになる。イタリア、日本、メキシコというビッグチームと対戦できる機会を得たことは、より良い視野で物事を見ることができるので重要なことだ。ブラジルの選手達は厳しい状況下でより集中していける抽選は素晴らしい結果だった。ハードなグループで、まさに我々が望んでいたものだったよ

 そして、「タイトルの本命がブラジルやスペインだとは考えていない。グループを戦い終え、敗れる2チームとわずかな力の差で突破した2チーム、そして同じくグループBを去る2チームと突破する2チームがあるということだ」と、どのチームにもチャンスがあることを示唆した。

 それでもスコラーリ監督は「我々が試合を通じてクオリティを示す限り、このコンフェデレーションズカップで試合に負け、何らかの理由でタイトル奪取に失敗することはない」と続け、自信も覗かせている。

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る