2012.11.22

元代表監督のトルシエ「日本の今の成績には驚かない。育成は世界トップ3」

日本をW杯で初のベスト16に導いたトルシエ氏

 元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が、日本サッカーの現状について自身の考えを語った。『FIFA.com』が伝えている。

 トルシエ氏は、日本が10月の親善試合で母国であるフランスにアウェーで勝利したことについて、「驚きがあったか」と問われた際、「フランスはまず実験的なメンバーだったし、スペインとの大事な一戦を控えていたことは事実だね」とコメント。しかし、「日本は草の根でサッカーを普及させている。ユース世代の育成は日本にとって必要で、効果的であり、安定をもたらす。日本の今の成績に関しては驚かないよ。育成に関しては世界トップ3に入ると思う」と語り、現在の日本代表が残している好成績の要因に言及した。

 また、2002年の日韓ワールドカップで、ベスト16に導いた当時については、「(就任した)1998年に始まったプロジェクトの結実がもたらしたと感じている」と回顧。「A代表と若い世代との共同での努力であり、偶然だけでは成功しなかった」と日本初の決勝トーナメント進出の舞台裏を明かした。

[写真]=兼子 愼一郎

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る