2012.11.15

フル出場の酒井宏樹「王手をかけることができてホっとした」/オマーン戦

 日本代表は14日、ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選の第5戦で、オマーンとアウェーで対戦。清武弘嗣と岡崎慎司の得点で、2-1と競り勝った。

 フル出場した酒井宏樹が、試合後に以下のように勝利を振り返った。

―今日はきつかったか?
「そうですね。後半くらいから試合を開始してくれればよかったんですけどね。でもみんな同じなんでね、条件は。僕だけうまく入れていなかったので、そういうところは課題ですし、逆に後半持ち返せたことが今回の収穫なので、本当に日々成長です」

―尻上がりによくなった?
「まあ、あれ以上悪くならないでしょう」

―ラストの時間帯に上がっていったが、体力的にまだ余裕があったのか?
「前半終わった時は試合終了くらい疲れていましたからね。今日は本当に勝てたのはよかったです」

―同点になったのが終盤だったが。勝ち点3なのか1なのかの意思統一は?
「間違いなく勝ち点3は常に狙っていますし。でも向こうのホームなんでね、圧倒される勢いがありましたし、でも2点取れてよかったですし、(酒井)高徳みたいに新しく入ってもっともっと流れを変えてくれる選手がいたらうれしいですね。チームとして勝ち点3が必要だったんで、これで王手かけられたんで、ホっとしました」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る