2012.11.15

決勝点演出の酒井高徳「あがるくらいの緊張はなかった」/オマーン戦

 日本代表は14日、ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選の第5戦で、オマーンとアウェーで対戦。清武弘嗣と岡崎慎司の得点で、2-1と競り勝った。

 途中出場して決勝点に繋がるクロスを上げた酒井高徳が、試合後に以下のように勝利を振り返った。

―シュトゥットガルトでもチームメートの岡崎のゴールを演出したが?
「シュトゥットガルトよりも代表で先にアシストできてよかったし、その前のシーンで深くまで行ってクロスを上げられなかったので、前半の(長友)佑都くんのアシストみたいに仕掛けられたのがよかった」

―代表で結果を残したが?
「やらなければいけないことが沢山あるけど、まずはチームでしっかりやって、代表のコンセプトを頭に入れながら呼ばれた時にすぐにできるようにしておきたいが、まずはチームでしっかりプレーすることが一番だと思う」

―緊張感はあったか?
「緊張はしていたけど、ブンデスで結構プレーしているし、代表も短いけど2試合目だし、ヨーロッパリーグも戦って厳しい試合を何度もやっている。少し緊張したが、あがるくらい緊張したということはなかったです」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る