2012.11.14

FIFAがオマーン戦勝利のキーマンに本田と遠藤を指名

本田(写真)と遠藤の高精度セットプレーにFIFAも期待

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選のオマーン戦が14日に行われる。

 試合を前に、FIFA(国際サッカー連盟)が公式HP『FIFA.com』にプレビューを掲載し、CSKAモスクワ所属のMF本田圭佑とG大阪所属のMF遠藤保仁を勝利のキーマンとして挙げた。

 同サイトでは、マンチェスター・Uに所属する香川真司の欠場が懸念であるとし、ニュルンベルク所属の清武弘嗣に香川の代役が求められるとみている。

 またオマーンが守備を固めてくることを予想し、セットプレーのスペシャリストとして、本田と遠藤のキックに期待がかかると伝えた。

 オマーン側の期待の選手としては、ウィガンのGKアリ・アル・ハブシとともに、アル・アハリ(UAE)所属のストライカー、アマド・アル・ホスニの名を挙げている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る