FOLLOW US

ザックが若手アタッカー陣にゲキ「宇佐美は2年前から大きく成長していない」

ザッケローニ監督が宇佐美(写真)ら若手アタッカー陣にゲキを飛ばしている

 日本サッカー協会は5日、ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選のオマーン戦(11月14日/オマーン)に臨む日本代表メンバーを発表した。

 アルベルト・ザッケローニ監督は、久々の招集となった宇佐美貴史ら2列目のポジションの若い選手について、「2列目のポジションにはクオリティのある若い選手が多くいるので積極的に呼んでいる。しかし、伸びしろが他の選手より多くあるにもかかわらず、飛躍的に成長する選手が見受けられない。もっと成長した姿を見せてほしい」とコメントし、「大津(祐樹)や宮市(亮)はそれほど試合に出られていないし、原口(元気)は昨年よりも出番が減っているのではないか」と苦言を呈した。

 今回招集された宇佐美についても、「私が2年前に彼を見たときは、あの年齢であそこまでのプレーをしていることに非常に驚いた。しかし、2年経った今はそう大きく成長はしていないし、現在の彼は2年前にできたことをやっているに過ぎない」と話し、「足元に入ったときは素晴らしい技術を発揮するが、もっとスペースに走っていき、そこでボールを受けるといったプレーも見せてほしい」と要求している。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA