FOLLOW US

川島、原発事故揶揄問題に「冗談にされるのは本当に残念で悲しい」

フランス戦を無失点で抑え、勝利に貢献した川島永嗣

 日本代表は12日にフランスと親善試合を行い、1−0で勝利を収めた。その試合後、フランス国営テレビが、GK川島永嗣の腕が4本ある合成写真を放送し、司会者が「福島(第1原発事故)の影響ではないか」と発言したことは現地フランスでも大きな波紋を呼んだ。川島は19日に自身のブログを更新し、その胸中を明かしている。

 川島は「昨年の出来事(原発事故)の後、実際に福島にも行かせてもらって、見えないものと闘いながらも、協力しながら前向きに生活している福島の方たち、子供たちを見て、改めて日本人のメンタリティは本当に素晴らしいということを感じさせられました」と綴り、フランステレビの揶揄に対しては、「被害者でしかない彼らが、あういった形で冗談にされるのは本当に残念で悲しいし、海外でも日本でも起こってほしくないことです」と述べた。

「どんなことも自分達がしっかりと主張していかなければ、周りの人たちには認めてもらえないというのも現状です。だからこそこれからも、自分が納得できないことに対しては、納得できないとはっきり伝えていくことも、これから僕達が表現し続けていかなければいけないことなのかもしれません」

「今回の件は本当に残念ですが、それでも気持ちを強く持ってこれからも共に進んで行きましょう」とのエールと共に、海外で多くの人たちが協力的であることも忘れないで欲しいと書き綴っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA