2012.10.17

完敗を喫した日本代表のザック監督「我々はまだブラジルのレベルにいない」

ブラジル戦に臨んだ日本代表

 日本代表は16日、ポーランドのヴロツワフでブラジル代表と対戦し、0-4の完敗を喫した。

 試合後、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は以下のように語った。

2連戦で世界の距離を測るいい機会と言っていたが、日本はどの位置にいると感じたか?
「この試合が始まるまでは、自分の描いていたイメージよりも、もう少し上だと思っていた。そこから考えるべきこととして、さらにどこまで伸びていけるの か、ということ。このチームには、大きな伸びしろがあると思っている。どの位置にいるか知りたいということであれば、2年後のワールドカップ優勝を大々的 に宣言できるかと言えば、そうではないと思うし、2年後にトップレベルに食い込んでいるかと聞かれれば、そう言い切れないところはある。ただ、私の考える とおりに事が進んで、ワールドカップに向けていい状態で臨むことができたなら、ブラジルやスペインといった強豪チームとも対等に渡り合えることができると 思う。そのギャップを縮めるために、今後もこうした強豪の試合をどんどん組んでいきたい」

組織と個人のバランスがよくないと世界のトップに上り詰めることができない。日本は組織に特化していると考えるか?
「ブラジルはクオリティのところ以外で、経験という部分でも上だと思った。現時点では別次元のチームだ。当然、成長したいという立場としては、現実主義者 でないといけないと思うので、冷静に分析するなら、我々はまだブラジルのレベルにいない。ただ、ブラジルの最近の試合はすべて先制する試合ばかりだったの で、彼らがリードされたときにどうバランスが崩れるかは見てみたかった」

理想とのギャップを埋めるために、強豪チームと対戦することのほかに必要なものは何か?

「インターナショナルレベルの戦いをすることは大事だし、今日のゲームに関しては、もっと違ったボールの持ち方やプレーの展開の仕方もあったと思うので、 そういったところは分析、修正していくべきだと思う。繰り返しになるが、このチームには伸びしろがあると思う。経験やチーム力を上げることもそうだし、オ ンとオフ、いかなる時も対応できるという部分も伸ばしていかなければならない。ただ、今日のゲームと通じて良かったと思うところは、90分間を通してあき らめず、戦う姿勢を見せたことだ。流れによっては、もっと失点していたかもしれない中で、勇気をもって前に仕掛けていったことについては評価してよいと思 う。負けたくないという気持ちが空回りしたが、そこは冷静に、チームとしてやるべきことを徹底するという姿勢を出していかなければならないと思う」

ハーフタイムで中村(憲剛)を下げて香川(真司)を中央に置いたのは、最初から考えたことか?
「交代に関しては、試合前にチョイスとしてあったし、タイミングについても頭の中にあった。その交代によって、よりチームに深みを出そうと思った。中盤の ところでのボールポゼッションではなく、より裏への狙いというものを強調しようとした。チョイスは頭にあったが、前半の流れを見ながら、その交代への思い が強くなった。サイドのところから、もっと崩すべきだったが、真ん中のほうへ仕掛けてしまった」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る