2012.10.17

ザック監督「流れ次第では2-4や0-8の可能性もあった」/ブラジル戦

日本代表を率いるザッケローニ監督

 日本代表は16日、ポーランドのヴロツワフでブラジル代表と対戦し、0-4の完敗を喫した。

 試合後、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は以下のように語った。

本田(圭佑)を前線で起用した目的と評価は?
「考え方として、前線で相手に的を絞らせないような入り方をして、サイドの選手がエリアへ侵入するといことを狙っていた。しかし、ほとんどその狙い通りに いかなかった。バイタルエリアに入っていくというのが第一の目的で、そこからサイドの選手のダイアゴナルランに合わせてボールを配給しようというアイデア を持っていたが、バイタルへは入れても、裏へのチョイスが出せなかったと思う」

「タテへの配給ではなく横パスが多くなった理由についてだが、前半で相手に最初のミドルシュートを打たれて、それが決まってしまったこと。2失点目にして も、PKであっさり奪われてしまい、冷静さを失ってしまったのかなと思う。すぐに2点リードされた展開になったが、そういった戦いもいい経験だと思うし、 今日は対戦相手がブラジルでそういう展開になったが、違ったチームと対戦する時にもこういう展開が起こるかもしれない。そこで冷静さを失わず、チームとし て戦い方を変えずに立て直せるかというところも、今後につながっていくと思う。当然、選手も負けたくないという気持ちが非常に強いので、それで冷静さを 失って本能的なプレーが出てしまったのではないか。非常にこのチームは、あきらめない気持ちが強いと思った」

4失点したことでチームは何を学ぶべきか。また2年後の到達点は分かっていると言っていたが、今日の結果で到達点の変更はあるか?
「到達点を変更するつもりはないし、そこに到達できるという大きな自信も持っている。4失点ということだが、ゲームの流れ次第では1-4にも2-4になっ たかもしれないし、0-8になった可能性もある。それよりも私が見なければならないのは、チームがこの試合で何をしたかということだ。わたしが思うに、う ちはそんなに簡単に対戦できるようなチームでないし、4失点についてもそこに至る流れがあった。PKの判定がどうだったかは話したくはないが、2-0とし た時点でのブラジルは、ポゼッションサッカーのお手本のやり方をしてきたし、スペインと同様に世界(のトップ)を走っているチームだと思った。そんな中 で、チームが冷静さを失ってしまい、すぐに追いつきたいという気持ちの強さが空回りして、自分たちの狙いから外れてしまったのではないか」

「当然、ブラジルと対戦することが非常に重要だったわけだが、うちがブラジルを基準にするわけにはいかない。サッカーの歴史も経験も、ブラジルのほうが長 い。この試合で何が見たかったと言えば、どういうところでうちが苦労させられるのか、うまく機能しないか、というところを見てみたかった。90分間の内容 を真摯に受け止めないといけないと思うが、0-1の状態を続けることで、うちがどういうリアクションができるのか、もう少し見てみたかったという気持ちも ある。試合の入り方は悪くなかったというところでも残念だったし、ミドルとPKを決められたが、うちとしては悪いアプローチではなかった。いろんな意味 で、いい経験になったと思う」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る