FOLLOW US

長友佑都「カウンターのスピードと精度は思った以上だった」/ブラジル戦

フッキと競り合う長友佑都(右)

 日本代表は16日、ポーランドのヴロツワフでブラジル代表と対戦し、0-4の完敗を喫した。

 試合後、日本代表の長友佑都は以下のように語った。

「カウンターのスピードと精度っていうのは正直、思った以上でしたね。今日感じた中で。でも僕らも相手のペナルティエリアくらいまではいい感じで回して運 べるんだけど、そこからの相手の守備の質だったり、あとはペナルティエリアの中での相手の冷静さ、スキルの高さっていうのは本当に世界トップレベルだな と。でもこの時期にこのレベルとやれてよかったなと思います」

「自分たちが回すっていう意味ではフランス戦よりよかったと思うし、いい感じでダイレクトパスとか形っていうのはうまく作れていたのは作れていたんですけ ど、ただやっぱり違いは確実にペナルティエリアの中の最終的な部分だなと。誰1人として僕らがプレッシャーに行っても慌てる選手はいないし、つねに冷静で 周りの状況判断ができると。本当にこれがトップなんだなというのは改めて思いましたけど」

フッキとの1対1もあったが?
「向こうもどんどん上がってきていたんで、難しかったですけど、フッキもかなり守備にも頑張ってついてきていたし、仲間からもかなり言われててずっとつい てきていたんで、彼自身はそんなにそこまで強烈な怖さはなかったですけど、守備に追われてたってのもあったし。僕は今までのブラジルのビデオを見ても、 フッキがあそこまで守るというのは見たことなかったし、警戒は絶対されているなというか、対策はされているなとは感じながらやっていましたけど」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA