2012.10.15

ブラジルメディアは日本代表の海外組増加を警戒

香川など海外で活躍する選手の増加をブラジルは警戒

 日本代表は16日、ブラジル代表との親善試合を行う。

 12日のフランス戦で1-0の勝利を収めた日本に対して、ブラジルメディア『Terceiro Tempo』がその進化を分析し、警戒感を示している。

 同メディアは、国外でプレーする日本代表選手の増加を象徴的に捕らえ、2006年のドイツ・ワールドカップでは6人、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは4人だった海外組が、今回の招集メンバーでは14人に増加している点を強調している。

 中でもマンチェスター・Uの香川真司と、インテルの長友佑都には海外のビッグクラブで実績を残した選手として注目し、アジアのファンを獲得するためにビッグクラブへの移籍が実現した時代は終わったと論評している。

 

[写真]=ムツ カワモリ

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る