FOLLOW US

長友佑都「ここで個の差があるようならW杯のことを考えるのは厳しい」

世界とのレベルの差はあまりないと語る長友

 日本代表は12日に行われるフランス代表戦に向けて10日、現地で調整を行った。長友佑都は以下のように語っている。

「チームとして個人としてどこまで通用するかを見ておかないといけない。正直、ここであまりにも個人としての差があるようだったらワールドカップのことを考えるのは厳しい。でもそこそこやれるようなら、あとはチームワークでカバーできると思うんだけどね」

「特に日本でやってる選手は海外の選手とやる機会もあまりないですし、やれるなっていう自信を持ってほしいし、トライしないと何も見えてこない。引いて守ったり、1対1で怖がったりとかそういうプレーをしていると、何も得られるものはない。止められてもいいからチャレンジしていく姿勢を見せて、そこで肌と肌がぶつかった時に世界との差がどのくらいなのかっていうのは感じられるはずだから」

「僕も日本でやってる時は全くわかんなかったし、2009年にオランダと親善試合でやって、そこで感じた部分はある。そういう機会を増やしていければ世界との距離は近づく。でも今の日本はそんなに世界とは遠くない場所にいると思う」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO