2012.10.10

日本代表、フランス戦へ守備重点の調整…3、4バック両方にトライ

フランス戦へ臨むザッケローニ監督

 7日にフランス入りし、8日から調整をスタートさせたザックジャパン。だが2日目の練習開始直前、日本代表メディアオフィサーから前田遼一(磐田)の負傷離脱というショッキングなニュースが発表され、佐藤寿人(広島)の緊急追加招集が決定した。本田圭佑(CSKAモスクワ)も2日連続で別メニュー。9日も歩きと軽い走りだけで一足先にグランドを後にしており、攻撃陣に不安を抱えた状態で12日のフランス戦本番を迎えることになりそうだ。
 
 そんな状況ではあるが、アルベルト・ザッケローニ監督がこの日、2時間にわたって徹底したのは守備の確認。その象徴的なメニューだったのが「仮想フランス」の攻撃陣を4−3−3で並べ、8人の守備陣がどう対応するかという実戦形式の練習。4バック、3バックの両方にトライし、本番での戦い方に含みを持たせた。

 相手にはフランク・リベリー(バイエルン)ら強烈な選手がいて、外を攻略されたら即失点につながる。それを防ぐためにDFラインを素早くスライドしてスペースを消したり、いい形で相手を追い込んでボールを奪う形などが繰り返し確認されていた。

[写真]=足立雅史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング