2012.10.04

強豪との2連戦に臨むザック「日本サッカーにとっての大きな試金石になる」

「日本サッカーにとっての大きな試金石になる」と意気込むザッケローニ監督

 日本サッカー協会は4日、フランス代表戦(12日・フランス)とブラジル代表戦(16日・ポーランド)に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 アルベルト・ザッケローニ監督は、日本サッカー協会の公式HPに掲載されている自身の手記『IL MIO GIAPPONE“私の日本”』の中で、「10月は日本サッカーにとって大きな試金石となります」と強豪相手の2連戦について言及している。

 ザッケローニ監督は、フランスやブラジルといった強い相手と戦うことで、チームの課題が出てくると予想している。

「チームも選手も自分たちがどんなポジションにいて、この先、何を伸ばさなければならないか、自分たちはどこまで成長していけるか、じっくり見つめ直す機会になるでしょう」

「アウェー経験の少ない我々にとっては、このような試合を積み重ねていくことが、今後の成長に向けて必要なことだと思います」

 また、今回の試合で選手のコンディションを見極めると同時に、チームが一級品の相手にどこまで通用するかも試してみたいとしている。

「私としては非常に鍵になる試合だと思って選手にアプローチさせるつもりです。個々の選手がどういうコンディションにあるか見極めると同時に、我々のクオリティー、我々が求めているバランスが、一級品の相手にどこまで通用するかも見たい。フランスやブラジルのような強いパーソナリティーを持ったチームに、こちらもどれだけ我を張れるか。ホームと同じようにアウェーでも日本がパーソナリティーを主張できたら、それは目に見えて分かる成長の証しになると思います」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る